NEWS

09.30 

HANON DRESS

ニュークラシックスタイル

 手芸倶楽部キット / WORKSHOP KIT 
 BLYTHE CUSTOM 
 DOLL SEWING BOOK 

JERRY BERRY

COLLABORATION DOLL

COLLABO. DOLL
STORY
ヴィンテージブライスドールの虜になり、2001年のタカラ(現タカラトミー)による復刻販売と同時にカスタマイズや縫製を開始。カスタム総数は3300体以上。

​​

​オフィシャル(CWC ジュニームーン)で初の公認 ブライス カスタム ワークショップを開催。

2006年「ブライスビューティーコンテスト第1回」審査員。

2007年 05月 書籍「ブ​ライスカスタム基礎ノート」を監修。

2016年 03月 書籍「Doll Sewing Book Hanon」が出版される。

2016年 11月 著書「Doll Sewing Book Hanon Korean」が出版される。

2017年 03月 著書「Doll Sewing Book Hanon Taiwan」が出版される。

2019年 10月 著書「Tiny Wardrobe」が欧米で出版される。

オフィシャル(CWCジュニームーン)の写真集、チャリティーオークション、ワークショップなどドールイベントに多数参加。オランダ、パリ、ロンドン、ハンブルク、エディンバラ、マラガ、ポルト、バンクーバー、サンフランシスコ、ニューヨーク、モスクワ、香港、ソウル、上海、北京、台北 など海外でも活動。​

I have liked Blythe dolls since before they were re-released by Takara. At the time 2001 they were released , I started doing custom work and making clothes. The number of dolls I have customized is over 3300 dolls. Among the things I have done are being a judge at the first Blythe Beauty contest in Japan, coordinating and writing ‘BLYTHE CUSTOM KISO NOTE’ , a customizing guide. I have published 'DOLL SEWING BOOK HANON' in Japan, Korea and Taiwan. As well as hosting workshops and taking part in official Blythe doll events.

I had released Kira-chan and Atsushi-kun who are friends of Licca-chan / Unoa Quluts Light / Little Cho / Jerry Berry  , as collaboration with doll companies.

My work has brought me to many places, anywhere from Taiwan, Amsterdam, Vancouver, Paris, London, San Francisco, Hamburg, Edinburgh, Malaga, Porto, Moscow, Korea, Hong Kong, Shanghai, Beijing and New York.